「ほっ」と。キャンペーン

夢の永久機関

今日理科の授業がありました。
理科ではエネルギーの単元に入りました。

そのときのこと・・・

教科書のおまけコーナーみたいな所に永久機関というものが書かれていました。


永久機関とは?(wikipediaより)

永久機関(えいきゅうきかん、Perpetual motion)とは外部からエネルギーを受け取ることなく、仕事を行い続ける装置である。

古くは単純に外部からエネルギーを供給しなくても永久に運動を続ける装置と考えられていた。しかし、慣性の法則によれば外力が働かない限り物体は等速直線運動を続けるし、惑星は角運動量保存の法則により自転を続ける。そのため、単純に運動を続けるのではなく、外に対して仕事を行い続ける装置が永久機関と呼ばれる。

これが実現すれば石炭も石油も不要となり、エネルギー問題など発生しない。18世紀の科学者、技術者はこれを実現すべく精力的に研究を行った。しかし、18世紀の終わりには純粋力学的な方法では実現不可能だということが明らかになり、さらに19世紀には熱を使った方法でも不可能であることが明らかになった。永久機関は実現できなかったが、これにより熱力学と呼ばれる物理学の1分野が大いに発展した。



つまり科学的に不可能とされる
ほかからのエネルギーを供給されることなく永久的に動かせる発電機みたいなものです。

たとえば火力発電なら火の熱エネルギーをもとに発電しています。

水力発電なら流れる水の力をもとに発電しています。

これらは何らかの元になるエネルギーがあります。

元になるエネルギー無しに発電したり
動かし続けることができるのが永久機関です。


教科書には今まで発明されたけど失敗に終わった永久機関
について書かれていました。

それを見て思ったのです。

永久機関を発明できたらすごい



エネルギー問題解決!

人類の未来を救える

しかも大金持ちになれる!

しかし永久機関は

科学的に不可能

とされています。

で今日の部活中に
永久機関を何とか考えられないか?



八田軍曹と考えていたわけです。

しかしこれは

夢のまた夢

というやつですね

将来こんなすごい発明をして歴史に名を残したいものです。




今日の会話
フラッグ99 「永久機関が発明できたらなぁ~」
八田軍曹  「でもこんな風にしたら永久機関になるんじゃぁ・・・」
フラッグ99 「いやでもそれだとここがおかしいような・・・じゃあこれはどうだ!」
八田軍曹  「それも無理だろ・・・」


by永久機関について熱心に語る2人

長文で疲れましたw
[PR]

by furaggu99 | 2008-06-12 20:02 | 日常