「ほっ」と。キャンペーン

ルーデルその1

新しいカテゴリーを作りました。

飛行機・・・といっても詳しくはないので
たいしたことは書きません。

とりあえずパイロット紹介でもします。

第一回は

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

この人めちゃくちゃすごいけど

とっても笑える人です

まさかのwikipediaよりアンサイクロペディアの方が詳しい

それでは

アンサイクロペディアに噓を言わせなかった男
ルーデルについての紹介。以下アンサイクロペディアより


------------------------------------------------------------------

称号:ソ連人民最大の敵・スツーカの悪魔・アンサイクロペディアに嘘を言わせなかった男

「自らを価値無しと思っている者こそが,真に価値無き人間なのだ」
  ~ハンス・ウルリッヒ・ルーデル



ハンス・ウルリッヒ・ルーデル(Hans-Ulrich Rudel、 1916年7月2日 - 1982年12月18日)は、第二次世界大戦の際に活躍したドイツ軍人。ソ連人民最大の敵。スツーカの悪魔、爆撃の魔王。そしてパイロットである。朝起きて出撃して朝飯食って牛乳飲んで出撃して昼飯食って牛乳飲んで出撃して夜飯食って牛乳飲んで出撃してシャワー浴びて寝るという毎日を送ってたら、いつのまにか

戦車519台を撃破し
世界最強の戦車撃破王


になっていた。

なお航空機撃墜数も9機なので、れっきとしたエースである。

間違いなく彼のスコアは世界記録であり今後絶対に更新されることは無いだろう。


「ルーデルの目を見ると、私は何も言えなくなるのだ」
~ ハンス・ウルリッヒ・ルーデル について、アドルフ・ヒトラー

「少なくともあなたと一緒の出撃は見合わせて休ませねばいかんでしょう」
~ ハンス・ウルリッヒ・ルーデル について、エルンスト・ガーデルマン

「ルーデル怖い、ルーデル怖い、ルーデル怖い……」
~ ハンス・ウルリッヒ・ルーデル について、ヨシフ・スターリン

「ハンスは激怒した。必ず、かの邪知暴虐の赤軍を除かねばならぬと決意した。ハンスには怪我が分からぬ。ハンスは、不死身の死神である。 サイレンを鳴らし、戦車を破壊して暮らしてきた。けれども休んでなどいられない、すぐに出撃だ!」
~ ハンス・ウルリッヒ・ルーデル について、太宰治

「彼もできると言ったことを実行しただけ」
~ ハンス・ウルリッヒ・ルーデル について、シモ・ヘイヘ


総合戦績
出撃回数2530回
被撃墜回数30回(尚、全て対空砲によるものである)
戦闘による負傷5回
ソ連軍によってかけられた賞金10万ルーブル(1940年当時のソ連の労働者の平均年収は600ルーブルほど。600ルーブル=300万円と換算すれば5億円!)
戦果
戦車519輌
装甲車・トラック800台以上
火砲(100mm口径以上)150門以上
装甲列車4両
戦艦1隻撃沈(ガングート級戦艦マラート)
巡洋艦1隻
駆逐艦1隻
上陸用舟艇70隻以上
航空機9機(戦闘機2、爆撃機5、その他2。9機のうち2機はIl-2であったとする資料もある



以上の文章も嘘や出鱈目である可能性が高いです。以下の文章だって嘘や出鱈目である可能性が高いんです。
…と、言いたい所ですが、アンサイクロペディアにあるまじき事態なのだが……以上の逸話は全て事実である。なんてこった!


かつてのルーデル(少年篇)
ルーデルがパイロットを目指したのは八歳の頃だという。近くの街でお祭りがあったのだが、なんとルーデルの両親は彼に留守番を押し付けると、二人だけで遊びに行ってしまったのだ!
当然、お祭りを楽しみにしていたルーデル少年は憤慨。そこで母親がお祭りの出し物の話をしていると、ルーデル少年が物凄い食いついて来る話があった。それがパラシュートで降下する男のショウだったと言う。
あまりにもパラシュートについてしつこく聞いてくるので、母親はルーデル少年に落下傘の玩具を作ってくれたそうな。ルーデル少年は、それに小石を結びつけて毎日のように遊んでいたが、その程度では我慢できなくなり、ついには自ら蝙蝠傘を持って二階からダイブしてしまう。無論怪我は無かったが、こっぴどく怒られたのは言うまでも無い。
そしてルーデル少年はこれを境に「飛行機の操縦士になろう!」と決意したのだが……飛行機というよりも急降下に魅せられている気がしないでもないのは、気のせいだろうか?


かつてのルーデル(青年篇)
そんなこんなで月日が流れて二十歳になったルーデル青年。当然ながら飛行機学校に通いたかったのだが、実家にそんな余裕は無い。おとなしく諦めようとしていたところ……。
なんと戦争に備えていたドイツは空軍を設立し、予備役将校の募集を開始したのだ! 六百人の志願者の中から六人だけが選ばれる高難易度の試験にダメモトで挑戦したルーデルは見事合格し、ビルトパーク・ウェルター軍学校に入学。晴れてパイロットとしての道を歩き出す事となった。
そして卒業間近になったルーデルは、あるひとつの噂を耳にした。空軍の花形といえば当然ながら戦闘機乗りだが、なんでも今年の卒業生は全員スツーカ隊行きだと言うのだ。それなら仕方ないと潔くルーデルはスツーカ隊を志願。ところがいざ配属先が発表されるとなんとルーデル以外は全員が戦闘機隊に配属されていた! 「噂を信じて馬鹿正直に志願してしまったものだ……」と後に語っているが、同時に配属されてスツーカを実際に操縦してみた途端にスツーカ隊にいること自体が至上の幸福として感じられるようになったとも語っている。どう見ても天職です。本当にありがとうございました。


かつてのルーデル(魔王誕生篇)
最新型の爆撃機スツーカの扱いにも慣れたころ牛乳ばっかり飲んでる役立たずという理由で偵察部隊への転属を命じられてしまったルーデル。ポーランドとの戦争で偵察部隊として初陣をかざり、見事二級鉄十字章を獲得するも、ルーデルはスツーカ隊への帰還を希望していた。
1940年、フランスと開戦すると共にルーデルはスツーカ隊へと帰還したのだが、上司との折り合いが悪かったせいか、ルーデルは居残りを食らってしまっていた。「出撃命令でエンジンが唸り出すたびに、拳を耳につめこみたくなる。スツーカ隊は、クレタで歴史を作っている。そう思って、私は口惜しさに男泣きに泣いた」と語る通り、出撃できないのが何よりも辛いのは、この頃に原因があるらしい。
しかし運命の刻は1941年6月22日午前四時に訪れた! ラジオで独ソ戦の開始を聞いたルーデルは、いてもたってもいられずに宿舎を飛び出し、故障機格納庫へ向かうと、修理の完了した機体を受領。その足で司令部から許可をもらうと、一目散に出撃したのだ!
その後「敵戦線を突破して飛んだ」「大量のソ連戦車がいた」などと言いつつルーデルは淡々と爆撃し続け、一ヶ月後には1級鉄十字勲章を獲得。遂に空の魔王が誕生した瞬間であった。



ある日のルーデル(マラート撃沈篇)

部隊最年少のシャルノブスキー伍長を後部座席に乗せて出撃したルーデル。ソ連の戦艦マラートへと果敢に急降下爆撃を敢行し着弾させるも、当時は戦艦に通用する2000ポンド爆弾が前線に到着していなかった為、損害は軽微。この日はマラートに逃げられてしまう。
ちなみにつづいての作戦では駆逐艦一隻を瞬時に撃沈した。
だが5日後、遂に到着した2000ポンド爆弾を備えて出撃したルーデルは戦艦マラートに対して再び急降下爆撃! 至近距離で投弾した為に結果のわからなかったルーデルは、シャルノブスキーの「戦艦が炎上しております!」の叫びで、マラートの爆発炎上撃沈を知ったのだった。
無事に帰還したスツーカ隊に下った新たな命令は、この戦果に気を良くした司令部からの「巡洋艦キーロフを破壊すべく再出撃せよ!」という無茶振りも良いところ。無論ルーデルは躊躇せずに出撃しようとしたのだが、師匠である部隊長ステーン大尉の機体が着陸時に壊れてしまった事を知り、スツーカを貸す事に。シャルノブスキーも後方機銃手として同乗し、ルーデルは居残りとなった。
しかし……帰還してきた部隊の中に、ステーン大尉の機体は無かった。キーロフからの対空砲火で操縦不能に陥った大尉は、敵艦へと特攻したのだという。ルーデルは恩師と友人の両方を一度に失ってしまったのだ


ある日のルーデル(入院篇)
ルーデルと2番目の相棒ヘンシェル。シャルノブスキーを失いつつ、新たな相棒ヘンシェルとめぐり合ったルーデル。まさに黄金コンビとも言える二人は着々と戦果をあげ騎士十字賞さえも授与されたのだが、かわりに休暇を取るように命令されてしまった。「休んでなんかいられない! すぐに出撃するぞ!」などと言いつつも、この時のルーデルは素直に従った。彼は久々に故郷へと帰った後、再び戦線へと戻ったのだが……。
なんとルーデル帰還すると同時期に黄胆にかかってしまったのだ! 当然ながら医者に帰国しての入院を勧められるが、ルーデルはこれを無視。「休んでなどいられない! すぐに出撃だ!」と言って飛び出すルーデルに対して「何があっても責任は取らないよ」と医者は言ったが何もおきなかったので問題は無い。

ある日のルーデル(部下救助篇)
部下の乗ったスツーカが被弾して不時着したため、彼らを救うべくルーデルもスツーカを戦場に着陸させる。
不時着した部下二人とは首尾よく合流できたものの、いざ飛び立とうという段になってスツーカが突然のエンスト。4人は敵地に取り残されてしまった。一番近い味方の陣地までは約40キロ。
機銃手のヘンシェルが「ソ連軍に捕まるくらいなら川に飛び込もうよ!」と言うので幅600ヤード、水温4℃の河を泳いで渡る。ルーデルと部下二人はどうにか泳ぎきったものの、ヘンシェルは「もうダメです」と言って沈んでしまう。あわててルーデルが再び河に飛び込んだが、助けることはできなかった。 ヘンシェール!!
味方のルーマニア兵だと思って話しかけたソ連兵からSMGの銃撃を受ける。肩に一発食らうが他の弾は全てかわす。そのまま走って離脱。だが救出した部下二人ともここではぐれてしまう。
おそらく部下は捕まってしまったらしく、ルーデルが逃げている事が知れ渡ってしまう。かくして軍用犬まで出して数百人体制での捜索が始まったが、ルーデルはこれを回避。 「それにしても勘のにぶい軍用犬だ」
夜になり民家を発見したルーデル。窓から侵入しようとしたら、住人に見つかって怒られてしまう。謝ってドアから入りなおしたルーデルは、住人の老夫婦と意気投合。老夫婦と同じベッドで川の字に就寝し、次の日に礼を述べて立ち去った。
その後、約40キロを二日で踏破して味方陣地にたどり着く。全身負傷、服はぼろぼろ、泥まみれ血まみれのルーデルは、最初味方兵士にすらドイツ軍士官だと信じてもらえなかったという。無論、すぐさま帰還し入院せよとの命令が下った。
無論速攻で無視した。理由は「帰国する気持ちになれない」。
翌々日、中隊はルーマニアのヤッシーへ移動。その際ルーデルのためにと、ワザワザ後方から軍医が派遣されてきた。無論これも無視して他の隊員とともに前線へ。彼曰く、「肩の傷など問題とせず、私は敵攻撃に向かうつもりだ」(※原文ママ)
しかもヤッシーに着いて早々(つまり帰還してから二、三日後)、怪我して体中ボロボロな状態でバルチにいた強力な敵装甲部隊を爆撃してこれを文字通り殲滅し、 一日目で17台、二日目で9台の合計26台の戦車を破壊している。
当時の戦況や部隊編成などから考えて、遭遇した機甲部隊の総兵力が100台以下なのは間違いない。即ちルーデル一人で少なくとも四分の一を撃破した計算になる。
その際の言葉、「最後の出撃のときは、目を皿のようにしなければならなかった」(※原文マm) 、「どこにも戦車の姿は見えない」(※原文m) 、翌朝の明け方の偵察では、「すべてが静かに、まるで死んだように見える」(※g)
なおこの事件が元で、ルーデルには「味方飛行場以外での着陸を禁ずる」という前代未聞の命令が下された。
そのため、後日不時着した友軍パイロットを発見した際には、降下→そのまま地表を滑走→救助、乗載→再離陸、という流れで、一応「着陸はすることなく」救助を達成している。ルーデル本人はうまくトンチで出し抜いてやったと自賛していたことであろうが、ただしこれは普通のパイロットにとっては、敵地着陸などとは比較にならないほど危険な変態機動であったことは言うまでもない。



-----多すぎて文字数制限越えたので次に続く-----
[PR]

by furaggu99 | 2009-05-15 23:16 | 飛行機